腸活にぴったり!便秘を悩ますあなたにおすすめする人気オリーブオイル5選

オイル

オリーブオイルとは、オリーブの果実から得られる植物油のことです。自炊、おうちご飯をする方で、料理に欠かせない調味料の一つです。加熱の際に使うだけでなく、そのまま料理や食材にかける方もいるかもしれません。美味しさを引き立てるだけでなく、適量であれば身体にもいい効果をもたらしてくれるものもあります。今回はそんなオリーブオイルの選び方とおすすめする人気オリーブオイルをご紹介します。

オリーブオイルの選び方

①種類で選ぶ

エキストラバージンオリーブオイル、ピュアオリーブオイル、オリーブポマースオイルの大きく三つの種類があります。

エキストラバージンオリーブオイルはオリーブオイルの中で最高級品といえ、オリーブの実を絞っただけの純粋なオイルなので、化学加工されておらず、他の製法のオイルよりも栄養価が高いのが特徴です。ピュアオリーブオイルは精製したオリーブオイルと、グレードが中級クラスのエキストラバージンオリーブオイルを配合して作られたオイルのことを言います。精製オイルを使用すると風味や栄養価が落ちるので品質は下がります。スーパーで出回っているオリーブオイルに多いものです。オリーブポマースオイルはエキストラバージンオリーブオイルを圧搾した絞りカスで作られたものです。栄養価は期待できないといえるでしょう。

②容器で選ぶ

オリーブオイルの大敵は酸化。できるだけ空気を通さないタイプの容器を選びましょう。またプラスチックと比べて遮光のガラス素材のほうが安心です。またオリーブオイルは葉緑素を多く含んでおり、光を受けると光合成がはじまり変色します。ですので、冷暗所で保存し、容器は色が暗いタイプのほうが望ましいです。

③あわせる料理・食材で選ぶ

オリーブオイルは基本的に加熱しても大丈夫です。ただ、風味や香りが過熱により若干弱まりますので、最高級のエキストラバージンオリーブオイルを利用する場合、サラダなどの生食材にかけることが多いようです。

オリーブオイルの効能

上質なオリーブオイルには高い健康効果があるとされています。オイルの中に含まれているオレイン酸は抗酸化作用があり、活性酸素から守ってくれる働きがあります。現代人に多い、がんや生活習慣病に対する予防につながります。オレイン酸は腸で吸収されにくいので、腸内物をやわらかくして排便を促し、大腸がんを防ぐとも言われています。便秘に悩む方にとっては、大きな味方です。結果として太りにくくなるとも言われています。

リモートワークという働き方が増え、人と接触することが少なくなってる方もいますが、人と会うことのエチケットともいえる口臭対策。オリーブオイルを少し含んでうがいをすると、オリーブオイルに含まれる成分が歯や舌をコーティングしてくれて、口臭の原因となる菌の増殖を抑えることにもつながります。

おすすめする人気オリーブオイル5選

ヴィラブランカ オーガニック エクストラバージンオリーブオイル (¥949 / 本)

ヴィラブランカはスペインアンダルシア地方で伝統を守り続けるアセイテス・デル・スル社の有機オリーブオイルブランドです。有機JAS認定を受けたオーガニックオリーブオイルで、素材の味を引き立てるフレッシュな香りとやさしい味わいが特徴です。パスタや炒め物などの料理用としてはもちろん、そのままパンにつけたり、サラダやカルパッチョにもおすすめです。

この価格帯のオリーブオイルは ”似非エクストラバージン” が多く存在し、スーパーで売られているものの多くはそれにあたると感じます。酸度の基準(0.8%以下)を満たしている毎日昼食はクロワッサンかロールパンにコレを付けて自分でオリゴ糖を混ぜて作ったシナモンシュガーをつけて食べている。オリーブオイルも700円/Lの自称EXヴァージンの安物から4000円/Lまでいろいろ試したが、ここに行きついた。美味しいのだ。桂皮恐るべしで呼吸器系の風邪を全くひかなくなった。有機JAS認定のオーガニックだし。月に二本近く消費するがこれが体調、健康への投資ってもんです。ものでも香りが出ていなかったりします。1000mlで千円を切っているもので ”エクストラバージンオリーブオイル” と呼べるものはこの商品くらいじゃないでしょうか?

出典:amazon.co.jp

ガルシアエクストラバージンオリーブオイルペット(¥900)

出典:amazon.co.jp

ガルシア・デ・ラクルスオリーブオイルはスペインの古都であるトレド近郊にあるガルシア・デ・ラ・クルス社によって生産されています。この商品は最高品質のピクアル種・コルニカブラ種オリーブを使用しています。肉や魚介、野菜のおいしさを引き立ててくれます。

この価格帯のオリーブオイルは ”似非エクストラバージン” が多く存在し、スーパーで売られているものの多くはそれにあたると感じます。酸度の基準(0.8%以下)を満たしているものでも香りが出ていなかったりします。1000mlで千円を切っているもので ”エクストラバージンオリーブオイル” と呼べるものはこの商品くらいじゃないでしょうか?

出典:amazon.co.jp

ALCE NERO(アルチェネロ)有機エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル ドルチェ(¥1,073 / 本)

出典:amazon.co.jp

フルーティーで軽い口当たりが特徴。原材料は温暖な南イタリア産のオーガニックオリーブのみを使用しています。収穫したオリーブは鮮度を保つため収穫後24時間以内にコールドプレス(低温圧搾)製法でオリーブオイルに仕上げています。

フルッタートは、青いオリーブのピリッとした刺激とオリーブの香り、コクがあり、濃厚な風味です。わたしは主に、パンにつけて食べるのに使っています。ドルチェのほうは、香りも味もまろやかなので、サラダや料理に使うのに使っています。サラッとクセがないのが好きな方はドルチェの方がいいと思います。

出典:amazon.co.jp

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス (¥2,470 / 個)

出典:amazon.co.jp

本品はタジャスカ品種で、”実として食べても美味しく、オイルにしても美味しい” 特性があります。後味がフルーティーで、ピリッとした余韻も魅力的です。癖がなく、パスタや料理の仕上げに一振りかけるだけで旨味がアップします。もちろん生素材との相性も抜群で、ドレッシングやマリネにもぴたりです。

オリーブオイルはこれ。どれも同じだと思っている人も多いだろうが、一度試してみてほしい。間違いなく美味しいから。スーパーで買えば3500円程度で、ほとんどの店にはないだろう。デパートの食料品売り場で購入できるが、勿論値段は高い。Amazon定期便で購入していれば、他の高級オリーブオイル程度の価格で手に入る。ビブグルマンのフレンチや有名イタリアンに行った時にもアルドイノが使用されていて中々いい気持ちになった。イタリアンのレシピ本にも度々出てくるので、料理が好きな人なら買って損はない。

出典:amazon.co.jp

BIOPLANETE有機エキストラヴァージンオリーブオイル ミディアムフルーティー(¥1,942 / 本)

出典:amazon.co.jp

本品は大西洋の陽光をいっぱいに浴びたオリーブの生育に最適な肥沃な土壌で育った厳選された有機栽培のオリーブからコールドプレス(低温圧搾)された有機JAS認証の一番搾りオーガニックエキストラヴァージンオリーブオイルです。口当たりのなめらかなフルーティーなテイストが特徴。

オリーブオイルの評価基準に、風味とか喉越しの辛味とかを言われる方が多いですが、これは、非常にピュアなオイルだと思います。私は熱を加えずに、サラダメインに使っていますが、何も不満は感じません。風味もあり、生で飲めばもちろん辛味も感じる普通のオリーブオイルです。これ以上、この商品に何かを求める人に違和感を感じます。だったら、高額商品のエキストラでも買えばいいのに。

出典:amazon.co.jp

以上、あなたの好みのオリーブオイルは見つかりましたでしょうか?日常的に使用するものかもしれませんので、ぜひ無理なく使えるものにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました